微睡日記~近頃やばい~

 
28
 
ペルソナ5。

100時間以上かけてプレイしたけど面白くなかった。
すごい若い。
ペルソナは1と2しかしてなくて、久しぶりにペルソナに手を出したら、こんな…。
面白いらしい。ペルソナ2を思い出した。とか聞いて手を出したけど、出だしでまず主人公が1人親元を離れて人の世話になる…。
ここで、4の流れまんまか…と少しもや(P4アニメ視聴済み)
しかもその理由がとんでもない。まあ、濡れ衣、冤罪、なんとかぎりぎり。
ちょっと引きながらも、まあ最初だしなと流す。
で、学園生活。こっちもゲスい。でもまあ、うん。始まりとしては形になってる。
祐介の参戦あたりまではまあまあ。
でも、竜司がすごいイライラさせてくる。承認欲求の強い子なのだろうか。
ペルソナの覚醒も、覚醒したからって全部自分と向き合ったみたいなのが違う。
あれはスタートであって、ここから自分と向き合っていくんだよ。
だからシャドウが自分たちには無いっていうの凄い残念だった。
自分のシャドウと戦うのもペルソナじゃないのかな。
あと、衣装ダサい。

基本的みんな、居場所が無くてはみ出しモノ。
そのへんは、青春のアレだよね。
コープを本編でやってくれないから横の繋がりがいつまでも弱く感じたなあ。
バラバラ。

有名になりたいから大物狙いたいってのは、力に酔ってるし、いつかしっぺ返し来るんだろうって思ってた。
でもそういうのも無かった。

本当は鴨志田の後はメメントスで小さな改心してれば良かったんだよ。
で、ちょっと心を盗むことに慣れてきたあたりで祐介合流で、斑目の事も改心させようって軽く。
祐介はちょっとその態度とか危険度とかに問題提起をしてくれたらよかった。たしか「危険はないのか?」って聞いてたよね。
で、仲間はここらで打ち止めにして、残りのメンバーは協力者とか友人とか依頼者にとどめておけばよかった。
仲間が多すぎて本編長い癖に薄かった。
パレスも長すぎて飽きるし。
長いダンジョンはペルソナらしいっちゃらしいけど、雰囲気が全部似たり寄ったりで飽きた。

イゴールとベルベットルーム。
これについては、しょうがない気もするけど、本当に悪趣味だった。
全体的に言えることだけど、演出とかホント悪趣味。厨二病。画面も見づらかった。
あと、なんで鎖四角なん。すげーローポリを感じてしまった。

基本、大衆を馬鹿にしている、若者を馬鹿にしている、ネットの人間を馬鹿にしている、プレイヤーを馬鹿にしているといったものを全体的に感じた。
子どもは、大人をクソにしてそれをスカッとやっつける話が好きなんだろう?
ネットの人間は流行にパッと乗って手のひらクルクルなんだろう?
大衆は扇動に弱く流されるんだろう?
ゲームやるやつなんて馬鹿な子どもだけなんだろう?
って感じ。

クソってのは、足立の「世の中クソだな」が受けすぎて、今回もそんな感じにしよう!って安易にしたんじゃないかとも思う。

ペルソナ5は『ペルソナ』の皮をかぶった別モノでした。
ゲームとしても自由度が無く、シュミレーションゲームみたいに1日の行動回数決まってたし、RPGではなかった。
学校も行く意味ないよな。
成績上げてもずっとひそひそしてるし。何も変わらん。
仲間が増えても、特に真とつるむようになっても周りの態度が変わらないのは残念だったね。
竜司と杏だけだったら、はみ出しモノがつるんでるって避けられるのもわかる。
でも、生徒会長と仲良くしててもなんのアクションもないって、真が嫌われてるってことなのかな。

最後のやり直し裁判?本当は冴さんが見つけてくれないと…。
検察の記録とか見れるでしょうに。なんで子どもが証人探しに行ってるの。

5にはまった人はきっと尾崎豊が分かるタイプの人なんだろうな。
ああいいうガラスの十代みたいな感性は自分にはない。十代の頃にもなかった。
居場所がないとかいう話聞いても、ふーん?としか感想無い。
あれって実は甘えたい、構ってもらいたいって言ってる訳だもんな。
だから外に出てちょっと悪い友達とつるんでしまうんだなあ。これが非行です。

実はDL版で買ってしまったから、売っ払うことが出来ないのが一番の痛手です。
スポンサーサイト
Genre : ゲーム ゲーム
    23:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://cat5121.blog2.fc2.com/tb.php/1184-beb95a3b
プロフィール

祐(たすく)

  • Author:祐(たすく)
  • 1984/12/10
    B.tyep:O
    大阪人。でも燕党。
    古い記事なんかにもコメントあればどうぞ。「管理者にだけ表示を許可する」なんかも活用どうぞ。
    Pixiv
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
 
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索